セブ島でのダイビングと石けんつくりの日々。10数年前ひょんなことからセブに来てダイビングショップ&石けん工房を始めることになってしまった私の生活雑記帳です。


by angelmarine

<   2004年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

南の島のいい匂い

a0019117_31911.jpgお店のスタッフから、“室内芳香剤が切れたから買ってきて”と連絡があった。
でも、外は雨で買い物に行くのがしんどい。
そうだ、自分で作ればいいじゃない?と思い製作開始。

これ、以外に簡単なのだ。

材料は

ゼラチン(寒天)、水、エッセンシャルオイルまたはフレグランスオイル、色素(お好みで)

1.ちょっとかためにゼラチンを溶かす。水とゼラチンの入ったなべを火にかけ、しっかりゼラチンを溶かす。
  通常の分量の7割から8割の水で作ると少し固めに仕上がる。

2.やや温度が下がってきたらお好みの香りを加える。
  今回私はレモンオイルを使った。

3.ガラスの器などにいれ固まるまで放っておく。
  今回は使い捨て容器を使用。

匂いがきつければラップをかけてそこに穴を数箇所開けておくなどして香りを調節する。
お子様やご家族が間違って口にしないように説明もしくはマーキングをしておくことをお勧め。うちのメイドさんはレモンゼリーだと思ってもう少しで食べるところだった(^^;)

南の島の香りはいかが?
[PR]
by angelmarine | 2004-06-29 03:20 | 工房のこと
a0019117_105745.jpg天気も悪いし、海は荒れてるしであまり面白くなさそうな今週。
気分をすっきりさせようと思って作ってみた

“ボディソルトスクラブ”

天然の岩塩とグリセリンが豊富な私の手作り石けん入り。

オイルはカモミールをインフューズした物を使う。
香りはオレンジ、ローズその他諸々ブレンドは秘密。
仕上げにドライローズマリーをちょっとだけ添えた。

さっそくバスルームで人体実験。
ひじ、ひざ、かかとをぐるぐるぐる。
香りもまあまあ。でも男性にはちょっと甘すぎるかな。
ちょっとだけ時間を置いて洗い流し、その後お気に入りの米ぬか、ホワイトへナ、ローズヒップオイル入りの私のために作った石けんでごしごし。

ひじ、ひざ、かかと、ぜんぶつるつるつるつる。

7月から“エンジェルマリン”で買えますよ。


南の島のリラクゼーション
[PR]
by angelmarine | 2004-06-28 10:59 | 工房のこと

南の島から心を込めて

a0019117_114813.jpg今月の石けんが6週間の熟成期間を経て完成。

パパイヤハニー
マンゴーピューレ
ワイルドバニー
スパイス

の4種類。

売り上げの一部は今回新しくサンクチュアリとして認定予定のダイビングポイントの調査ダイブの費用としてNGO“オーシャンケア”に役立てていただく予定。
石けんを作ることももちろん楽しいのだけれど、南の島に住んで海をフィールドにして仕事をしている私が自然に少しでも良いことをしていけることが何より嬉しい。

来月の石けんも着々と熟成中。
今度は何を作ろうかな。

南の島の石けん作り。
[PR]
by angelmarine | 2004-06-26 11:49 | 工房のこと

南の島の散歩

a0019117_31047.jpg
今日は久々天気がいい。
午後ぷーさんと散歩に行くことにした。お友達のさんちゃんも一緒だ。
さんちゃんはぷーさんと違って、ゴールデンレトリバーのチャンプラインの血統をもつ由緒正しい犬だ。ご近所の日本人のご夫婦が飼っている。
飼い始めたのがほぼ同じ時期だったのと、同じアパートメントに住んでいるということでよく一緒に遊んでもらっている。
こちらはアパートメントでもほとんどの場合特にペットを飼ってはいけないという決まりはない。日本の住宅事情を考えたらとても考えられないだろう。そんなわけでうちは犬が1匹猫が2匹同居している。

こっちではまだ野良犬がうようよしているので、家の周りをお散歩紐でつないで散歩をさせたら大変だ。あちらこちらから野良犬たちがボスと一緒に出てきて、すぐけんかになる。だから車でどこかへ連れて行って放して走らせるのが一番安心だ。
狂犬病もまだあるし。

今日の散歩先はエアベース(空軍基地)。
家から車で5分。ゲートにいる迷彩服をきたガード役の兵隊さん(?)ともすっかり顔なじみで、フリーパスでゲートを通過。
いつもの原っぱで思う存分走る走る走る。二人でじゃれあいながらひとしきり走ってご満悦。


今は私の足元で仰向け大の字でぐっすりと眠っている。
[PR]
by angelmarine | 2004-06-25 02:49 | 南の島のくらし

南の島の犬と猫

a0019117_4412.jpgうちの犬と猫は基本的には仲良しだと思う。
食べ物が絡むとちょっと複雑になるけれど...。
もともと猫が2匹暮らしているところに犬が加わったせいかもしれないが、
うちの犬のぷーさんはしぐさがちょっと猫っぽい。
ごろにゃんしてあまえたり、猫砂の入ったトイレじゃないとあんまり用を足したくないらしい。昔は小さかったから猫のトイレに入れたけれど、今は切なそうに前足と頭だけ入れて下半身を外に出したまま申し訳なさそうに用を足している。

この写真はお昼寝の時間のひとコマ。
眠りを妨げないようにとストロボを使わなかったのでちょっとぶれてしまった。
プーが寝ていたらのそのそとシャーがやってきてプーとソファの隙間に横になった。
このまま彼らは日が落ちるまで仲良く昼寝をしていたのだった。

南の島ではみんなが肩を寄せ合って助けながら生きている。
[PR]
by angelmarine | 2004-06-24 04:04 | 南の島のくらし

南の島の停電

a0019117_51432.jpg夜、停電した。
暑くて眠れないけれど、テレビもつかないしパソコンも使えない。
本も懐中電灯じゃとても暗くて読む気がしない。
しばらく携帯電話のゲームをやって時間を潰したけれど、面白くない。
人間は、便利な社会で生きているとこんな時何もできないんだなぁと実感する。

セブ市内の雑貨屋で以前買ったアロマキャンドルがあるのをふと思い出した。
あったあった、部屋の隅にほこりをかぶってひっそりと出番を待っていた。
部屋の家具の角にあちこちぶつけながらライターを探し出して明かりを灯した。
柔らかな光とほのかな香りが部屋中に広がった。

初めてこちらに来たころは、しょっちゅう停電だったなぁ。

待つこと数時間、やっと電気は復旧した。
先ず始めにしたこと。このブログを書いている。

日本でのめまぐるしい生活リズムについていけなくて南の島に来たはずなのに、
結局は文明の利器に依存している自分がいた。
情けないなぁ...。
[PR]
by angelmarine | 2004-06-23 05:15 | 南の島のくらし

今日はデート?

a0019117_8210.jpgエンジェルマリンの前のビーチからエントリーすると、かわいい海の生き物たちに出会えます。
このウミウシの仲間もそのひとつ。

泳ぐわけでもなく、人間が近づいても攻撃するわけでもなく、のんびりのんびり砂地を歩いています。

こんなに着飾って、今日はデートなのかしらん?
[PR]
by angelmarine | 2004-06-22 08:22 | ダイビング

南の島のかき揚げ

a0019117_4297.jpgここ数日、台風と低気圧の余波で海に出られない。
というわけで毎日のように食べ物ネタばかり。

今日はかき揚げ。
小エビと貝柱、そしてネギ。

父の日なので、日本に電話をする。
普段あまりメールをチェックしない父が、朝から何回もパソコンの前で私からのメールがないとため息をついていたとか。
結局たわいもない話をして、最後まで言い出せなかった“ありがとう”。
“毎日、お祈りしているから。応援しているから。”とやさしく言ってくれた父。
一人娘なのに、こんなアウトローでごめんなさい。
あなたの娘に生まれたことが私の最大の幸せです。
来年の父の日は一緒にかき揚げ食べようね。
[PR]
by angelmarine | 2004-06-21 04:30 | 南の島のくらし
a0019117_112.jpg引き続き肉まんを作る。
皮は小麦粉とベーキングパウダー。牛乳の代わりに昨日石けんつくりで使った豆乳の残りを投入(笑うトコ、忘れずに)。お酢を入れると生地が黄ばまない。ちょっとの油と塩。さっくり混ぜ合わせるが捏ね過ぎてはいけない。
分量?あまり秤できっちりと計って作る料理はしたことないので大体目分量。
生地をちょっと寝かせてから先ほど作っておいた包んでいく。肉まんにする具は味をつけたほうが美味しいので、昨日のチャーシューを漬けておいた汁を入れる。豚の油が適度に溶け込んでいて美味しそう。

いつもは炊飯器で蒸すのだが(こちらの炊飯器には必ず蒸し器用の中敷がついているのだ)、今日は圧力鍋の蒸し器を使う。蒸すこと10分、出来上がり。

こちらも形は不ぞろいだけど、もちもちとした感触の肉まんができた。

何でも手軽に手に入る日本ではこんなことを自分でやるなんて思っていなかったなぁ。
[PR]
by angelmarine | 2004-06-20 01:02 | 南の島のくらし

今日は飲茶気分 餃子編

a0019117_05034.jpgチャーシューを作ったのがきっかけで、今日は飲茶気分になった。
というわけで餃子と肉まんをつくることにした。
なぜかというと、近くのスーパーSave More で韮を売っていたから。こちらで韮を手に入れるのは結構難しく、たまにセブ市内のスーパーで売っているくらい。
ちなみに、韮はユリ科のネギ属だそうだ。学名を Allium tuberosumといって、Alliumはネギ属、 tuberosumは塊茎状の、の意らしい。まあ、知らなくてもいいか(^^)

台風の名残と低気圧で海には出られないから、ちょうどいい気晴らしになる。

この二つも手抜きで、具は同じものを作ってしまう。皮も肉まんはベーキングソーダをつかった簡単皮だし、餃子はこちらで売っている中華用の出来合い。
セブには結構華僑が住んでいるので、中華に関しては割と簡単に食材が揃う。
形は不ぞろいだけれどご近所にもおすそ分けした。味は上々。

南の島の飲茶タイム。
[PR]
by angelmarine | 2004-06-20 00:51 | 南の島のくらし