セブ島でのダイビングと石けんつくりの日々。10数年前ひょんなことからセブに来てダイビングショップ&石けん工房を始めることになってしまった私の生活雑記帳です。


by angelmarine

リサイクルしていないリサイクルバッグ

5~6年ほど前から応援していたバランガイ(フィリピンの最少行政区)のプロジェクトがだんだん有名になり、他のフェアトレード団体やバランガイでも製作、販売が雨後の筍のように出てきた “リサイクルバッグ”





本来は “飲み終わったアルミのジュースパック” きれいに洗って作られていたものなのですが、これが売れるからといって、最近はパックの製造元から新しくプリントされたパックだけを買って“リサイクルバッグ”を手がける組織や団体があります。

中には
“うちのバッグは新しいジュースのパックを利用していますので、衛生的にも問題ありません” なんて堂々と書いておきながら 【リサイクルバッグ】 と銘打って日本でネット販売されているものも。

ごみを出さないために始まったはずなのに、ごみはそのままでどんどんバッグは生産が増え、儲かるのはパックを印刷している業者とバランガイ、そして販売者。

これでは本末転倒です。

応援しているバランガイキャプテンの女性から、“私たちはリサイクルした製品だけを売っているけれど、他が新しいパックを使ってどんどんきれいなものを売っていて、今はとても大変。観光客は【お土産だから新しいほうがいい】なんて言って馬鹿高い値段の付けられたバッグを買っていけばそれでいいかもしれないけど、それじゃまったく ごみの削減にも繋がらない し、ファッションだけで事の本質をみてもらえないのは悲しい”
という相談を受けました。

でも、非力な私にはバランガイを助ける程のマーケットは持ち合わせていません。でも、なにかしてあげたいな、ととりあえずお小遣いでとりあえず100個購入。買ったはいいけど、どうしよう??

...というわけで

新企画!!

3月、4月にエンジェルマリンにてアイランドホッピングやダイビングをしてくださった大人の方にこのバランガイで作った本物のリサイクルバッグを各月先着50名様(計100名様)にプレゼント!

なんてことを始めてみました。

エンジェルマリンでお貸しするタオルや水を入れていたプラスティックバッグをやめ、このリサイクルバッグに変える事にしました。
そして、スタッフがショップからボートへ荷物を運ぶ際に使っていたバッグも全てこのリサイクルバッグに変更。

ま、これでもすずめの涙ですがないよりはましです。

そして、前はほんの少ししか置いていなかったこの製品もお店に置くことにしました。バッグのほかに、お財布、サンダルも。
さらに、この売り上げは仕入れと交通費を引いて利益は全て島の貧困家庭とそこに育つ子供たちへのサポート資金として使うことにしました。

5月に行われる予定の贈り物配布のために少しでも足しになればいいなと考えています♪

良かったら、みなさま遊びに来てくださいね。
[PR]
by angelmarine | 2009-03-05 17:05 | 気になるもの