セブ島でのダイビングと石けんつくりの日々。10数年前ひょんなことからセブに来てダイビングショップ&石けん工房を始めることになってしまった私の生活雑記帳です。


by angelmarine

フィリピンの家庭料理

a0019117_104154.jpg
フィリピンのご飯は不味い、という旅行者の方たちには申し訳ないと思う。
日本料理のレストランで高い定食を毎日召し上がっている大企業駐在員の方も、お気の毒だと思う。
きっと、ガイドブックに載っている高くて不味いレストランにしか行ったことがなく、
一般的な家庭料理を召し上がったことがないのだろう。




さて、今日のご飯はごくごく普通の家庭のメニュー。
フライドチキン
カラマリス(イカのリング揚げ)
スィート&サワースカロップ(貝柱とシーフード、野菜の甘酢あんかけ)
ポークアドボ(豚肉のしょうゆ煮こみ)
パンシットカントン(フィリピン風焼きそば)
カンコンアドボ(空芯菜のしょうゆ炒め)

基本はしょうゆ味のものが多いので、日本人の口にはなじみやすい。
とくにうちのスタッフが船の上で作る料理は最高で、お客様にも大評判だ。

ただ、野菜(特に生野菜)がなかなか摂れないのが残念。
それだけはせっせと自分で野菜を買って家で食べるしかないのだけれど。
[PR]
by angelmarine | 2004-07-17 10:43 | 南の島のくらし