セブ島でのダイビングと石けんつくりの日々。10数年前ひょんなことからセブに来てダイビングショップ&石けん工房を始めることになってしまった私の生活雑記帳です。


by angelmarine

南の島のグルメ?!

a0019117_22367.jpg今日はまるで、日本にいるみたい。
イクラと鮭を酢飯の上にのせた海鮮親子丼。
お米は近所のスーパーSave Moreで売っているシベリアンライスというブランドの日本米。でも日本で作られているわけではなく、隣のネグロス島というところで作られている。1キロ約150円。安い!と思われるかもしれないけど、こちらの普通のお米は1キロ50円前後だから約3倍の高価なお米だ。
イクラは日本から冷凍で持ち込んだもの。ちょっとずつ解凍してもう残りわずか。鮭フレークは先日お客様がお土産に下さったもの。
寿司酢はミツカン。こちらのデパートの食品売り場で偶然見かけた。
数日前日本から送った船便で届いた荷物に入っていた炊飯器のテストもかねて、お米を炊く。

そうそう、今の若い人はお米を研ぐ、といわないそうな。お米を洗うなんだって。だって、クッキングブックに“まず、お米を洗う”と書いてあったもんね。あとお米を炊くんじゃなくてご飯を炊くんだって?お米を炊いたらご飯になるんだから、ご飯を炊いたらなんになるの??と思わずつっこんでしまった、笑。

話を元に戻さなきゃ。これだからおばさんはいやねぇと言われそうだ。

...で、ご飯に酢を切って(これも言わないのかな)いよいよイクラと鮭を乗せて出来上がり。

味は...まあまあかな。
でも日本から遠い南国で、日本を想いながら食べるから美味しいのよねぇ。
今度はいつ、帰れるのかなぁ。
やけにイクラがしょっぱいな、と思ったら涙もいっしょに食べていた。
[PR]
by angelmarine | 2004-06-11 22:37 | 南の島のくらし