セブ島でのダイビングと石けんつくりの日々。10数年前ひょんなことからセブに来てダイビングショップ&石けん工房を始めることになってしまった私の生活雑記帳です。


by angelmarine

一日。

a0019117_0136.jpg朝起きて、シューマートの中の携帯電話会社に行く。
ほんの30分で終わると思ったら、なんと2時間以上。
お昼を過ぎてショップへ行く。
ダイビングのお客様を送り出して家へ戻ろうとするともう2時。
ランチタイムのあるレストランは2時で終わり。仕方なくガイサノマクタンのフードコートでドライバーのクリフォードと一人70円の食事。
家へ送ってもらったらそのまま爆睡。なにせ昨日の睡眠時間2時間弱。
2時間ほど仮眠をして、新しい機種の携帯電話にSIMカードを移したらなんとロックされている!ロック解除の番号を入れよ、と画面に出てくるけど私はそんな番号知らない。まさかね~と思いながら携帯電話会社に電話すると、なんと電話で携帯番号を確かめただけでいとも簡単にロック解除の暗証番号をゲット。大丈夫??
その後調子の悪すぎる新しいパソコンをあれこれいじって修復する作業を数時間。
なにせパソコンがないと日本との連絡も、ホームページの更新も、書類の発行もなにもかもが停滞してしまうから。
ふと気が付いたらもう夜9時。9時半にお客様と焼肉やで食事の約束があるので
着替えて外出。
ジプニーで4ペソ。最近出来た“草家(韓国読みでチョガというらしい)”に到着。
昼間の貧しい食事しか今日はおなかに入っていないからとにかく食べまくる。
その後男性人はビキニパーへ行くというので、家に帰り再びパソコン修復作業。
そして...気が付いたらもう朝5時!
南の島の生活は、必ずしも優雅とは限らない...。
[PR]
by angelmarine | 2004-05-22 05:59 | 南の島のくらし