セブ島でのダイビングと石けんつくりの日々。10数年前ひょんなことからセブに来てダイビングショップ&石けん工房を始めることになってしまった私の生活雑記帳です。


by angelmarine

セブ島庶民の台所

a0019117_14114984.jpg


日本のようにきれいなスーパーや食料品店もあるけれど、セブ島で一般的なのはやはり市場。スペイン語が由来とされる「メルカド」という名前で親しまれている。
この写真はセブ島にある大きなメルカド、「カルボーン」。野菜、肉、魚、スパイスを始め衣類、日用品雑貨などありとあらゆるものが売っている。私が石けんに使う野菜やスパイス、そしてキャンドルの材料を仕入れに行く店が近くにあるためちょくちょく出かける。市場はいろんなにおいと人々の活気で独特の雰囲気だ。
でも、絶対に好奇心だけで出かけてはいけない。観光客などがうろついたらそれこそサファリパークを丸腰で歩き回るようなもの。どうしても見たいのなら、車の中からメインの通りを通ってもらうだけにしておくほうが無難だ。
[PR]
by angelmarine | 2005-11-21 14:18 | 南の島のくらし