セブ島でのダイビングと石けんつくりの日々。10数年前ひょんなことからセブに来てダイビングショップ&石けん工房を始めることになってしまった私の生活雑記帳です。


by angelmarine

セブ島の甘い豆腐売り

a0019117_1174925.jpg


セブでも豆腐(?)が売っている。
朝、道でステンレスの大きな器を天秤棒で担ぎ、大きな声で売り歩く。
でも良く聞いてみると
“たほ~、たほ~”
たぶん豆腐が訛ったものなのだろう。

びっくりすることにこのタホ、タピオカと甘い蜜をたっぷりかけていただく。
しかも温かい。呼び止める時は大きな声で、
“ホイ!タホ!”(ちょっと、タホ売りさん!)。
写真手前右にちょっぴり写っているほうの器にタホが入っていて、
おじさんがしゃがんでいるほうの器には蜜とタピオカが入っている(正確にはタピオカではなく、サゴパールというものなのだけれど)。
大きなスプーンのようなもので薄くそぎ取るようにタホを掬い、器用にカップにいれてそのあとタピオカと蜜をたっぷり。最後に蜜を注いだ小さなお玉でくるくると回して渡してくれる。

小さいカップが3ペソ(約6円)、大きいカップが5ペソ(約10円)。

値段もお味も庶民のおやつと言う感じ。
でも、冷やしてわさび醤油で食べたらどんなに美味しいだろうな~などと思ってしまう私はやっぱり日本人(苦笑)
[PR]
by angelmarine | 2005-01-15 01:27 | 南の島のくらし