セブ島でのダイビングと石けんつくりの日々。10数年前ひょんなことからセブに来てダイビングショップ&石けん工房を始めることになってしまった私の生活雑記帳です。


by angelmarine

セブ島の歯医者

a0019117_20312925.jpg


少し前のことなのだけれど、朝起きて、びっくりした。
左のほっぺたがぼっこりと腫れていた。
ルーツカナルの治療を昨年の11月からしているのだけれど歯医者に行くのが途切れ途切れになっていて、そのうち行かなくなってしまったのが原因らしい。
痛みはないけれど、外には出たくないくらい腫れていた。

セブ島で歯医者にかかるなんて絶対いや!と思っていた私だったがある日お客様の歯医者さんが歯科医院を見学したいというので一緒に行ってから安心していけるようになった。

まず、そのお医者さんいわくその医院は
・治療機器は少し古いものだが日本のものの中古。
・治療に使っている材料もほとんど日本のものと同じ。

そして、歯医者さんの腕は
・そこらへんの日本の歯医者よりうまいかもっていうか、オレより確実にうまいかも...

ということだったからだ。
一応その方は大学病院の先生をしていたこともある有名な歯医者さんなのだけれど。

私の担当の先生は超美人の女医さんだ。
今まで痛かったことは一度もない。
ただ、BGMに合わせて歌いながら歯を削ったり、友達と今夜の夕食の約束を電話でしながら詰め物をするのは手元が狂わないかとドキドキするのだけれど。
基本的にこちらのビサヤ語といわれる言葉が一切わからない振りをしているので、先生と看護婦さんとの会話は言いたい放題。
テレビのこと、彼氏のこと、今日のデートの予定のこと、昨日食べたディナーのこと、思わず聞き返したくなるほど、ウキウキしてしまう話題がいっぱいだ。

こちらの歯医者は治療時間が長い。そして1回の治療で3本の歯を治してくれるなんて事もできる。1時間近く口をあけているのは結構つらいけれど、毎日15分のために通うわずらわしさを考えるとこれは日本の歯医者さんにも是非取り入れてもらいたいな、と思ってしまう。

気になる治療費はこの医院の場合はルーツカナルの治療の場合一回ごとの料金ではなく、歯1本につきいくら、という形でチャージされる。その歯の治療が終わるまでは何回行っても同じ金額だし、期限もない。私の場合は保険がきかないので1本につき日本円で5,000円から7,000円くらい。島の結構お金持ちの人が行く歯科医院だから値段は高めかも。
でもその辺のクリニックだと治療はしてくれず、すぐ抜いてしまって差し歯にされてしまうから、このくらいの出費は仕方ない。

私が通っている歯科医院はなんと、ショッピングモールの中にある。
だから治療が終わったら買い物もできるし、お茶も飲めるし、映画も見られるからなんとなく行く気にもなるというもの。
日本ではあまりいい思い出がないから歯医者に行く気が起こらなかったのに、セブでは途切れがちながらも何とか通院しているのは、もしかしたらショッピングモールの中にあるから、って言うことだけかもしれないのだけど...。

ちなみに、歯石の除去(こっちではGeneral Cleaningといっているが)でも500円くらいだし、知人に聞いたら歯の漂白や矯正も美容整形に入ってしまう保険の利かない治療項目は日本に比べたらかなり安いらしい。

次回の治療は来週の水曜日10時30分から。
忘れないようにここに書いておこうっと。
[PR]
by angelmarine | 2004-09-14 21:04 | 南の島のくらし